本施設が参画している共用事業について

文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業とは最先端の機器ナノテクノロジーに関する最先端の研究設備とその活用のノウハウを有する機関が緊密に連携して,全国的な設備の共用体制を共同で構築する事を目的とした事業です。本事業を通じて,産学官の多様な利用者による設備の共同利用を促進し,産業界や研究現場が有する技術的課題の解決へのアプローチを提供するとともに,産学官連携や異分野融合を推進する事を目標としています。

当研究室は平成24年7月より、文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業に参画致しました。現在、XPS・AESの二台が事業の支援装置として微細構造解析グループに登録されています。

ユーザーの皆様は、本事業の支援を受けられる事で、研究室装置を通常の使用料金より割安でご利用頂けます。(詳しくは使用料金について)

本事業の支援を受ける場合、ナノテクノロジープラットフォームから支援申請書の書式をダウンロードして頂き(現在HPは準備中の為、ナノテク連携事務室に連絡をお取りください。)、各項目をご記入の上、ナノテク連携事務室(nanoplat@cris.hokudai.ac.jp)にご提出頂きます。

数日後にナノテク連携事務室より、ナノテク課題(仮)番号が申請書提出者へ送られます。ユーザーの方はこの番号を装置予約時または使用時に入力して頂きます。これ以降の使用は全てナノテク利用料金として、光電子分光分析研究室からご請求されることになります。

年度末には支援申請書の課題に即した利用報告書の提出が義務付けられておりますので、ご提出をお願いする事となります。また装置利用による研究発表や論文などの業績をご報告頂きます。ご協力をお願い致します。

ぜひともユーザーの皆様にご活用いただきたいと思います。ご利用よろしくお願い致します。

本施設は現在1つの共用事業に参画しております。

平成24年7月より、文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業に参画致しました。

XPS・AESの二台がこの事業の支援装置として北海道大学ナノテクノロジープラットフォームの微細構造解析グループに登録されています。

本事業から、本施設は共用の分析機器が常に万全の体制でいられるよう定期的なメンテナンスや設備の充実のための支援を受けております。

ユーザーの皆様には本施設の装置を利用して得られたデータについて、論文・学会などで公表する際には、各支援事業の装置を利用した旨の記載をお願いいたします。

また、該当する論文誌名などを当施設職員までご連絡いただきますようご協力をお願いいたいします。

XPS・AES(ナノテクノロジープラットフォーム支援装置)での成果について

ナノテクノロジープラットフォーム事業への謝辞の表記につきましては
和文「本研究(の一部)は北海道大学 全学共同利用施設 光電子分光分析研究室において文部科学省 ナノテクノロジープラットホーム事業を通じた技術的支援を受けて実施されました。」
英文「(A part of) this work was conducted at Laboratory of XPS analysis, Joint-use facilities, Hokkaido university, supported by “Nanotechnology Platform” Program of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan.」
という形でご記載をご協力頂きますようお願い致します。

SEM・CP・LSCM・AFMでの成果について

施設装置利用への謝辞の表記につきましては
和文「本研究(の一部)は北海道大学 全学共同利用施設 光電子分光分析研究室の共用装置を利用して実施しました。」
英文「(A part of) this work was conducted at Laboratory of XPS analysis, Joint-use facilities, Hokkaido university.」
という形でご記載をご協力頂きますようお願い致します。