AES・XPSホルダーの真空デシケーター管理について&予備ホルダーについて

今までプラスチックケースに片付けられていたAES・XPSのホルダー類は、真空装置の劣化防止、分析環境改善の為に真空デシケーター内で管理する事になりました。

使用者の皆様方にはご面倒をおかけしますが、これからは装置使用前に真空デシケーターからホルダー類の取り出しと、使用後にはホルダーの洗浄とデシケーターへの収納をお願いいたします。

デシケーターの真空ポンプはデシケーター装置のすぐ後ろにあります。真空ポンプのスイッチは常時Onで、ホルダー収納する場合はポンプ側のバルブを閉めて大気側のバルブを開けて、中を大気に戻してください。ホルダー収納後はポンプ側のバルブを開け、大気側のバルブを閉めて真空にひいてください。

 

また新しくXPSとAESの予備ホルダーが入りました。

通常通りの利用が出来ますのでご利用ください。XPSのホルダーは今までのホルダーに比べて分析室導入時に少しキツく感じると思います。出し入れの際は慎重にお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: AES-EBSD, XPS, ウェブサイト パーマリンク