光電子分光分析研究室ナノテクプラットフォーム事業参画と新料金体系についてのご案内

光電子分光分析研究室ユーザの皆様

 

日頃より当研究室設備をご利用頂きありがとうございます。

本日は,ナノテクプラットフォーム事業参画と新料金体系についてのご案内をさしあげます

 

本年度7月1日より,当研究室の光電子分光装置JPS-9200(以下XPS)とオージェ電子分光装置JAMP-9500F(以下AES)が,文部科学省支援による「ナノテクプラットフォーム(以下NTP)事業」に参画致しました。

基本経費について当研究室はその支援を受ける事になり,装置運用と保守に関わる経費としてユーザの皆様にご負担頂いていた装置使用料をご利用頂き易くなるよう改定する事が当研究室運営委員会で了承され,本年度10月よりNTP利用料金体系を新たにご用意出来ました。

NTP事業では,現在運用されている分析装置が今までより広汎な利用機会を提供するよう求められており,学内のみならず学外にもユーザを募る事となります。そのため現在のweb予約システムではなく,創成NTPweb予約システムで予約管理する予定です(新システムの運用開始時期は未定です)。

NTP事業の成果は,原則公開することことが求められておりますので,事業に参画されるユーザの皆様には年度ごとに成果報告書(添付ファイル参照)を提出して頂く必要がございます。

報告書とNTP利用申請書は,研究テーマごとにそれぞれ一枚作成して頂く事になります。同一テーマで複数利用者が複数いる場合は,備考欄に申請者以外の利用者名を記載して頂きます。一人の方が複数の研究テーマで利用される場合は,報告書と申請書をテーマごとに提出して頂く事になります。

NTP事業では,学外利用促進のため為,利用実績の30%以上が外部共用(学外利用20%)となる事を運用目標としています。ユーザの皆様には企業との共同研究や委託事業等などの研究資金を,使用料請求の際の経費流用になるべくご利用頂ければ幸いです。ご協力よろしくお願い致します。

 

装置 学内NTP利用なし 学内NTP利用あり 学外NTP利用者
XPS 1,500円/時間 1,100円/時間 6,000円/時間
AES 1,800円/時間 1,400円/時間 7,500円/時間
SEM 700円/時間 500円/時間
CP 500円/時間 300円/時間
装置 学外初回講習料 学外技術代行・相談料
XPS 28,000円/一回 3,500円/時間
AES 28,000円/一回 3,500円/時間
SEM
CP

以下は,NTP事業での料金を含め利用料金表です。

※学内利用者につきましては初回講習料・相談料等は不要です。かかりません。また,SEM・CPは事業に参画していない装置の為,学外料金はありません。

 

なお,成果を非公開とされるNTP事業を利用されない学内ユーザ利用者につきましては従来の料金体系が適用となります。

また,NTP事業に供している装置はXPSとAESの二台のためとなっており,走査型電子顕微鏡JSM-6510LA(SEM) とクロスセクションポリッシャSM-09010(CP)の利用に関してNTPの利用料金を適用するには,XPSかAESのどちらかを併用する研究に限られます。そのため,SEM,CPのみの利用ですと,従来の料金が適用となります。

 

NTP事業支援ご希望のユーザの方は,支援申請書フォーマット(本メールに添付)に必要事項をご記入の上,当研究室技術職員に電子メール添付にて,10月31日までにご提出頂けますようお願いいたします。

 

NTP事業及び利用料金についてご不明の点は,技術職員までお問い合わせください。

 

お申し込みをお待ちしております。

 

 

光電子分光分析研究室責任者 坂入正敏

光電子分光分析研究室技術職員 鈴木啓太

支援申請書フォーマット

成果報告書フォーマット(案)

カテゴリー: お知らせ パーマリンク